前へ
次へ

トータルトレーニングで腰痛予防

普段から腰痛に気をつけるにはいろいろなことを注意しなくてはいけないのですが、まず腹筋を鍛えておくことは基本となります。腹筋を鍛えることによって腰痛の予防になりますし、また慢性的に困っている人はしっかりと鍛えることで改善することができます。腹筋は腹直筋をベースにトレーニングをすることが多いですが、実は腹斜筋などの斜めに入っている筋肉を同時に鍛えることでうまくいきます。腹斜筋には外腹斜筋と内腹斜筋があるので、体を捻るように腹筋運動をすることが腰痛予防になる運動です。またプラスして腹筋の中でも鍛えておきたい部位としては腹横筋で、横についている筋肉なのでトータルバランスを考えたときには使っておきたい方法といえます。こうした腹筋でも全体をトレーニングすると腰に負担がかかっているような体型でも防ぐようになりますし、何よりも大きいのは姿勢がよくなります。猫背になっている人は腹筋を鍛えて猫背を予防することです。

Page Top